大手ソフトバンクが提供している無線通信回線であるソフトバンクエアーはきっと魅力が大きいのではないかと考える人もいるでしょう。

実際にソフトバンクエアーを使っている人たちからはどのような評判があるのでしょうか。

その情報に基づいたメリットやデメリットについても詳しく把握し、新たに通信回線を契約するときに有効活用しましょう。

ソフトバンクエアーのメリット

ソフトバンクエアーを利用するメリットとして典型的なのが以下の三つです。

・通信制限を受けない

・工事不要で使い始められる

・キャッシュバックが高額

モバイル通信回線では通信量によって通信制限を受けることがありますが、ソフトバンクエアーの場合には通信量が増えても速度制限を受けることがないのがメリットです。

通信量のやりくりをしながらインターネットを使う必要がなく、動画やゲームなども気軽に楽しむことができるでしょう。

光回線やADSL回線のような固定回線を使用していても通信制限を受けないのが一般的です。

しかし、ソフトバンクエアーの場合には固定回線を引き込む必要がないのもメリットで、WiMAXなどと同様に端末を受け取ったらすぐに利用開始することができます。

一方、インターネット回線の申し込み時には様々な入会特典を受けられる場合があり、キャンペーンが豊富に実施されています。

ソフトバンクエアーの場合にはキャッシュバックが基本になっていますが、その金額が高いのがメリットです。

代理店によって金額には違いがあるものの、3万円から7万円ほどのキャッシュバックを受けられるようになっています。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーにはデメリットもあるので、特に次の三点については気をつけるようにしましょう。

・料金が高い

・モバイル通信ではない

・通信速度が安定していない

ソフトバンクエアーは月額料金が高くなりがちなのがデメリットです。

基本料金だけで4880円かかるのに、さらに端末の料金がかかります。

三年契約の月々割を利用すれば端末価格分だけ割引になるものの、それでもかなり高いことは否定できないでしょう。

また、ソフトバンクエアーはモバイル通信サービスではないので自宅でしか利用できません。

外出先でも使用したいのであればWiMAXなども別途契約しなければならないのです。

ソフトバンクエアーの問題点として通信速度が安定していないことも挙げられます。

対応エリアもはっきりと示されているわけではなく、申し込んでみたら電波状況があまり良くなくて通信は安定しないし速度も遅いということになりかねないので注意しましょう。

ソフトバンクエアーの評判

ソフトバンクエアーの利用者からの評判は良いものもある一方、悪いものも目立ちます。

通信制限を受けることがないのでいつでも気兼ねなく使える、大手なだけあってもサポートの対応が丁寧というのが良い評判として代表的です。

悪い評判としては通信速度に関するものが多く、時間帯によって速かったり遅かったりするというケースもありますが、一日中いつも速度があまり出なくて使いづらいということもあります。

また、2年で解約しようとしたら年々割の影響でもう1年は続けないと大損することに気づいたという口コミもあります。

12ヶ月分の支払いが残っているので一括で返済しなければならなくなるからですが、詳しい説明がないまま申し込んでしまっている場合が多いのです。

自宅でwifiを利用したい場合は、WiMAXのホームルーターの利用をおすすめ!

自宅でwifiを使えるようにしようと考えたときにはソフトバンクエアーは魅力的な候補の一つですが、他にも光回線やWiMAXもあります。

WiMAXはこの三つの中で最も安く導入することが可能なので検討してみましょう。

ソフトバンクエアーと同様に工事不要で導入でき、ホームルーターを使えば広い範囲でwifiを利用できます。

安くて快適なインターネット環境を整えるにはWiMAXをまず検討してみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。